【モンゴル】広大で肥沃なドルノド県の農地(売却物件)

出售蒙古国东方省4000公顷面积的农业用地

モンゴル国ドルノド県に4000ヘクタールの農業用土地を販売しています。

ロシア国境近くで水源が近くにあり農業に適しています。中国向けに鉱業用の鉄道も整備中であるため、近隣での開発も進み、モンゴルにおける牧畜と併せた一大農業拠点として注目されております。

物件情報(現地翻訳より)

Dornod県Chuluun khoroot郡GaluutバグOlon dovというところに位置している。

面積4000ヘクタール、15年間の利用許可のあるこの農業用地は、1960年代末ごろからのロシア・モンゴル共同調査チームの調査によると、海抜標高が640mで、年間降雨量が240~494mmとかなり多く、湿気と暖かさがあり、農業生産の第1、2級となる良質土壌があるという結論が出ている。この結論に基づいて、最初1968~1991年まで20000ヘクタール余りの用地に小麦、大麦、燕麦などの栽培が成功を果たしてきた実績がある。

地理的位置として、モンゴル国土の東経 115° 、北緯49°度にあり、北東のEreen tsav港町及びロシアの国境町から20km、Dornod県都から230km鉄道及び土道路がある。Ulaanbaatar市から880km離れており、このうち500kmが土道路(未舗装)。用地の南側をUlz川が流れ、モンゴル国土の最低海抜地点であるKhukh湖から西方18 kmのところに位置している。

この用地で計画しているビジネスは、農業、機械化放牧的牧畜業の2 つ

【農業】

この用地の土壌に、現在時点で一番良く生育している植物の中で、セイヨウアブラナ(食用油の植物)が国内及び中国市場で需要がとても高い。

Dornod県内に小麦粉の大きな工場があるので、小麦を栽培し供給する十分な可能性がある。

また、他の諸外国に必要な穀物を輸出できるほか、高利益な穀物、薬草、家畜飼料用植物を用地の一部に試験栽培することでメリットを作り出し、開発して、短期間で必要な栽培技術を導入すれば、肉牛の牧場と養豚場を経営できるようになる。

【機械化放牧的な牧畜業】

農業事業から出てくる大量な穀物の廃棄物、その枝、葉、種、無益な廃棄粒を使って、肉牛と豚の小作農を開発できる十分な条件、可能性ができるほか、牛の牧場、養豚場に使える、とても格安な家畜飼料用植物も栽培できる。

肉牛、豚の小作農を肉生産の目的で世界で開発したブラジル、米国、日本、スペインなど諸外国の最高良種の牛、豚及びその種をモンゴルの牛、豚に授精し、モンゴルで生育させれば、国内及び世界各国で認められるような高利益の小作農機開発も十分可能になる。

お問い合わせはこちら

出售蒙古国东方省4000公顷面积的农业用地

出售农用地皮:位于蒙古国东方省离首都乌兰巴托往东800公里,离蒙中边境城市满洲里市往西130公里,面积2000公顷(4000公顷),蒙古远东地区海拔低地形盆地,地面平整草原,地肥水源好,适合种植早熟品种油料植物,小麦,荞麦,牧草等农作物!联系方式:+976-99992598,+86-13911332141 中介勿扰,非诚勿扰

出售蒙古国东方省4000公顷面积的农业用地

出售蒙古国东方省4000公顷面积的农业用地

出售蒙古国东方省4000公顷面积的农业用地